体の痛み・スポーツ障害にお悩みの方は住吉区、我孫子駅から徒歩8分【やまの鍼灸整骨院】にご相談ください。|灸頭鍼

治療内容

灸頭鍼

灸頭鍼

灸頭鍼とは、鍼と灸の両方の効果を応用したもので、鍼の頭にもぐさをつけて燃やす、特殊な鍼の治療法です。
疾患のある人や不定愁訴などを訴える方には筋肉性のコリとは違うコリコリとしたかたまりが見られます。
このコリコリとしたかたまりを探し、鍼を刺し、鍼の頭にもぐさを付け、火を付けます。
そして皮膚を直接温める熱と針から伝わる熱が患部の奥まで伝わり、ここちよい刺激を与えます。
患部に刺した鍼ともぐさによって細胞の働きが活性化し、内臓の働きも活発になる為、自然治癒力が活性化します。
よって、神経のバランスを正常な状態に戻します。
 
灸頭鍼はぽかぽか暖かいといったお風呂に入っているような感覚で、慢性的な肩こり、腰痛といった症状はもちろん、神経痛や冷えによる症病、自律神経失調症にも大変効果があります。
お灸というのは熱いのを我慢するというイメージがありますが、熱い場合は紙を敷いて調節しますので、無理な我慢はしないでください。
灸頭鍼は自分にとって一番心地よい暖かさが最も効果を発揮します。
当院で使う灸頭鍼は約3gぐらいのもぐさを丸く硬く固めて和紙で包みさらに固めます。
(手作りの灸頭鍼を使用しており、市販のものと比べて量も多く効果的です。)
 

灸頭鍼の手順 (冷えによる慢性の腰痛)

①患部に鍼を刺します。
 
 
 
 
 
 
 
 
②鍼柄(鍼の柄の部分)にもぐさを付けます。
 
 
 
 
 
 
 
③火をつけます。
 
 
 
 
 
 
 
 
④もぐさがどんどん燃えて皮膚表面への温かさと鍼を伝わって奥深くまで熱が伝わっていきます。
 
 
 
 
 
 
⑤熱さは紙を敷いて調節します。
 
 
 
 
 
 
 
 
⑥もぐさが燃え尽きるのを待ちます。
燃え尽きたら新しいもぐさと交換し、2回目の火をつけ、燃え尽きるのを待ちます。
 
 
 
 
 
⑦鍼を抜き終了です。
皮膚も発赤し身体の奥までほかほかに温まります。筋肉も緩み痛みも楽になります。

肩の灸頭鍼

四十肩や五十肩、慢性の肩の痛みに大変効果があります。

様々な方法で皆様の痛みを改善へと導きます

  • よくある質問
  • 料金表

お気軽にお問い合わせください 06-6691-0500 お問い合わせはこちら

治療内容

交通事故治療について

やまの鍼灸整骨院

やまの鍼灸整骨院
〒558-0014
大阪府大阪市住吉区我孫子4丁目
17-40-101

歪んだ骨をもとの位置に戻し体のバランスを整えます。住吉区で鍼灸をお探しの方は【やまの鍼灸整骨院】にお越しください。
我孫子駅から徒歩8分です。

  • お問い合わせはこちら 06-6691-0500
  • お問い合わせはこちら メールは24時間受け付けています

ページの先頭へ